ニキビ治療のビタミンCのイオン導入って何するの?

イオン導入は美白やエイジングケアに効果があるとして
知られている美容法ですが、ニキビ治療にも効果があります。

まず、イオン導入とはどういう技術なのか?ということですが
美容成分が肌に浸透しやすくするための技術です。
肌に美容成分を塗っても、表面にしか効果はありませんが
ビタミンなど有効成分を肌に塗ったあと、微弱電流を流すことでイオン化させ
肌の深層部分まで浸透させることで美容効果が得られるというものです。

ニキビ治療には主にビタミンC誘導体が使われます。
ニキビ跡の治療であればプラセンタエキスが使われることもあります。

ビタミンCには皮脂の分泌を抑える効果があります。
ニキビは皮脂の過剰分泌が原因で起こることが多いので
ビタミンCを肌の奥に浸透させることでニキビの治療と予防に繋がるのです。
またビタミンCにはメラニン色素を抑える効果もあるので
ニキビで炎症してしまった肌が色素沈着することも防ぐことができます。

イオン導入は妊娠中や授乳中の方や肌に強い炎症がある場合には使えません。
またイオン導入だけでは効果が薄く、ケミカルピーリングとあわせて使うことで
効果をより発揮させることができるのです。
イオン導入を行いたいと考えているのであれば、まずはニキビ治療の
経験が豊富な皮膚科医の元で適切な診断を受けてください。

関連記事

ビタミンC誘導体ってどんな効果があるの?
ニキビ用のスキンケアコスメに必ず含まれているのがビタミンC誘導体と呼ばれる物質で...
ビタミンC誘導体の種類と特徴
ビタミンCには強力な抗酸化作用があり肌のダメージを回復する効果があります。通常は...
ニキビ治療のビタミンCのイオン導入って何するの?
イオン導入は美白やエイジングケアに効果があるとして知られている美容法ですが、ニキ...

月別アーカイブ

このサイトを購読する