ケミカルピーリングの効果とは?

ケミカルピーリングの治療では、顔に強い酸を塗ります。
酸にはたんぱく質を分解する働きがあるため
皮膚を柔らかくして、一番上にある角質層が垢となって
はがれやすくなるのです。

たとえば、酢豚に入っているパイナップルを思い出して見てください。
あのパイナップルが何のために入っているかというと
酸の働きでお肉を柔らかくするためです。
このお肉を柔らかくする効果が、肌の上で行うのがケミカルピーリングです。

角質層は老化とともに、硬くなって毛穴をふさぎます。
この角質層を除くことで、毛穴が開き、色素沈着した肌も
垢として追い出すことができます。
肌の表面の角質、老廃物を取り除くことで
ターンオーバーが正常化し、ニキビなどの肌のトラブルを
解消することができます。

関連記事

ケミカルピーリングってなに?
ニキビ治療でもっとも有名な治療方法がケミカルピーリングです。 ケミカル(chem...
ケミカルピーリングの効果とは?
ケミカルピーリングの治療では、顔に強い酸を塗ります。酸にはたんぱく質を分解する働...
クリニックで使われるピーリング剤の成分
美容クリニックで使われるピーリング用の酸は主にサリチル酸、グリコール酸(AHA)...
美容クリニックのピーリングの流れ(1)
美容クリニックでピーリングを行うときはAHAを顔の全体に塗ります。濃度が濃いため...
美容クリニックのピーリングの流れ(2)
ケミカルピーリングが終わり、中和も終わったら完全に取りきれていない角栓をコメドプ...

月別アーカイブ

このサイトを購読する