ビタミンC誘導体の種類と特徴

ビタミンCには強力な抗酸化作用があり
肌のダメージを回復する効果があります。
通常は食べ物からの摂取がメインで
空気にふれるとすぐに酸化し、水に触れると壊れてしまいます。

ですから、皮膚に直接みかんの汁やレモンの汁を塗ったからと言って
肌はビタミンCを吸収するどころかトラブルを起こしてしまいます。

そこで、肌からビタミンCを吸収させるように作られたのが
ビタミンC誘導体です。
ビタミンを肌の奥に誘導するから「ビタミンC誘導体」なのです。

ビタミンC誘導体は水溶性と脂溶性に分かれます。
水溶性は水に溶け、即効性があります。
反対に脂溶性は持続性があり保湿性、安定性が高くなります。

ニキビが気になるときには、ビタミンC誘導体が配合された
化粧水・乳液を毎日使用し
もしイオン導入期があれば3日に1度集中ケアをしましょう。

関連記事

ビタミンC誘導体ってどんな効果があるの?
ニキビ用のスキンケアコスメに必ず含まれているのがビタミンC誘導体と呼ばれる物質で...
ビタミンC誘導体の種類と特徴
ビタミンCには強力な抗酸化作用があり肌のダメージを回復する効果があります。通常は...

月別アーカイブ

このサイトを購読する